岩手県在住の人のブログ。

Enpty Spaces

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

他人に言われて気づくこと。

1ヶ月ぶりにスーツ着たらベルトの穴の位置が変わってた。
って事は単刀直入に言うと太ったって事で。だってカステラとかケーキとかすげー美味いし。
「甘いものを食べると皆笑顔になる」って格言もあったような。あれ、ググったけど出てこない。

すげーうろ覚えなんだけど
仕事に疲れた主人公が同僚に「営業サボって裏喫茶店行こうぜ!」って誘われて。
「裏喫茶店ってエロい店かよ昼間から行かねーよ」って文句言いながらも路地裏の階段降りていって。
薄暗い店で客はほぼ男性しかいなくて、皆パフェ食べてて。皆笑顔。
アレ、あのオッサンいつも満員電車で一緒の人だ。いつもやつれた顔してるけど今はすげー笑顔だ。
あの人もそうだ。いっつも不機嫌そうな顔してたけど今はすげー笑顔だ。

同僚「しかめっ面のヤツいないだろ!?甘いものを食べると皆笑顔になるんだぜ!!食え!」

ってパフェ主人公に渡して、主人公が食べながら泣き崩れる話。でも最後は笑顔で「うめぇなぁ・・・」とか言う。

そんな話。
数年前のどうでもよい話は覚えてるのにこういう時に限って思い出せない。

・・・えーっと後は。
友人とご飯食べに行く→行った店でそれで足りるのかこのピザ野郎と罵倒されるある家族連れを見て「幸せとは何か」という事について考え出してものすっごい頭がモヤモヤした。
結論としては「価値観は人それぞれで違う」という事でまとまって。
その後一緒に打ちに行ったけどしばらく「いいのかそれで?よくねーだろ」というモヤモヤした気持ちでいっぱいになってあんまり記憶が無い。
気づいたら4パチから1パチに移動してて、なんかわかんないけど当たってて、3連くらいしたところで「何でシャカラッシュ打ってるの!?シャカ美リーチ?愛の告白?・・・って外してるし」って素に戻った。

リングを1000円ほど打って、「この台こないわ」って見切ったまでは覚えてるんだけど。
あの店の1パチだとドル箱交換する必要が無いから、当たっても無意識で下皿を計数台に・・・うわー怖い。「打ってた記憶が無い」って怖い。退店後、財布の減り具合に凹む。

・負けた分、翌日5倍にして取り返す。最近「確変」がない台ばっか打ってたから楽しくてしょうがなかった。
「当たることが約束されている」って素晴らしい。一応リングにも「次は1回転目で当たる」ってのがあるんだけど、まず来ないから・・・。

・モンドラのキャラ名が被ってる事に気づいて、改名した。
オンゲで「キャラの名前」が気軽に変えられるのってどーなんだ。いや変えられるに越したことは無いんだけど。

火と風雷はもう完成形。氷についてはあとなんだろ。ゾディアーク抜かして氷ワイバーン入れる位かなぁ・・・。
プレイの割合で言うと、火6・風雷3・氷1という感じ。金二段から銀九段まで下がったけど気にしない。
むしろ下がりまくって欲しい。変に上位ランクだと叩かれそうで怖い。

5月も後半入ったとか時間の流れが早いなー。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

自分に嘘をついて立ち回るのは賢さなのか弱さなのか。

店⇔換き・・・おっとしまった、えーっと「用途不明で無価値と思われる景品をなぜか高額で買い取ってくれる奇特な店」を1日に5往復もするとさすがに(´・ω・`)

2日行っただけで当時の月収越えるとかないわー。

・・・。
前回、映画の感想書きそびれたので今回は映画の話。題名は映画のセリフから。
セリフうろ覚えだけどググったら出てきたんでたぶんコレだと思う。

「英雄の証明」という映画を見てきました。
舞台は現代、原作はシェイクスピア。

あらすじはwikiから転載しようと思ったけどものすごい長いので割愛。
wikiはこっち

感想。
舞台は現代だけど、セリフ回しが原作に基づいている(戯曲)なのでセリフの一つ一つが詩的で名言。
今回は字幕で見たけど、吹き替えで見てもまた面白そうな気がする。
敵の将軍(モーフィディアス)は「300」のレオニダス。といっても勿論作品が違うので「300」の無双っぷりは無し。
上記のイメージから最初主人公が悪役だと思ってた。国民に無茶苦茶嫌われてるし。
「愚直」ってこういう人を言うんだろうな。(いろんな意味で)

ネタバレ感想。
鬱映画。主人公が可哀想過ぎる。というか主人公が煽り耐性無さすぎ。
国の為に戦ったのに、周りからは「国には戦闘能力なんて必要ない」とか言われて、支持派から選挙を勧められるも反対派の扇動にうまく乗せられて、公共の場で「支持しない人間は必要ない」的な事を言ってしまった事が敗因。
んで、敵国に亡命して、軍人としての能力はハンパないからゴリゴリ押してんだけどローマが使節として派遣した母親と妻と息子の説得で和平交渉。何で説得されてんだよローマ潰せよ、って思った。

ラスト、再びローマの将軍として復職するもモーフィディアス(敵国の将軍)からは「あのまま俺とお前で押してたら勝ってたんだけどなー。つーか母親に説得されて取りやめるってお前・・・w」とか言われる。

はー?説得直後にモーフィディアスだって「俺だってお前の立場ならこれ以上の侵略を止めるだろう」って言ってたよね?何その責任転嫁。最後は仲間割れで一方的に殺されて終わりとか。コリオレイナス救えねぇ。
途中出てきたスキンヘッドの陽気なデブどこ行った。チョイ役で終わり?

今映画の感想ググったら「コリオレイナスってマザコンだったんじゃね?」とか書いてて納得。
そういや戦場で武勲を立てる度に母親に説明してたようだし、武勲を立てる→褒められる→母の期待に答える為さらに頑張る→武勲を立てる、のループだったんじゃないかなぁ。
傷を見せなかったのは「戦場で受けた傷ってのは自分の不注意によってついたものだから見せたくない」ってプライドがあったと思うんだけど、どーなんだろ。

あとシシリアスとジューニアスはホンットむかつく。何アイツら。揚げ足ばっかとって馬鹿じゃねーの。ローマ潰さなくていいからあの二人だけは処刑すべき。TV局でモーフィディアスが「追放」コール受けた時にはあまりの無慈悲さに泣きそうになった。

「国の英雄」なのに、不器用なだけで多くの人間の前で見世物にされて揚げ足取られてブチ切れたら
シシリアス「あれあれ?何その態度。そんな人間が国をまとめられないよね!?」
サクラ「だよねー!」
シシリアス「追放だ!追放!」
サクラ「つ・い・ほ・う!つ・い・ほ・う!つ・い・ほ・う!」
観客「つ・い・ほ・う!つ・い・ほ・う!つ・い・ほ・う!」
コリオレイナス「・・・こんな人間達の票など必要ない!こんな国民達など守りたくは無い!」
シシリアス「ハイ皆さん聞きましたー?彼は僕達なんて必要ないそうでーす!」

↑こんなん。中学生の学級会という名のイジメレベルか。
どっかの国でも数年前、漢字が読めないとかモノの値段とかどーでもいい粗探しやってたけどそれに通じるレベル。まともに話進まないの。

もし自分がモーフィディアスなら絶対ローマ潰す。侵攻を止める要素が無い。
自分に唾吐いた人間がヘラヘラ笑いながら生活してるなんて絶対に許せない。しかも「武力侵攻による復讐」なんて絶好のチャンスがあるなら・・・ねぇ。


  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

  • Author:コウ
  • 盛岡に住んでる人。
    基本的にめんどくさい事が嫌い。あと人ごみ。
    インドア派。パチ屋によく出没。
    ポジティブなコミュ障らしい。

    甘いもの超好き。
    年取ったら嫌いなものが多くなってきた。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2012 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。