岩手県在住の人のブログ。

Enpty Spaces

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

あんまり深く考えないように過ごす

今、ふと思い出してカラオケクレヨンのHP見たら「MEGA盛岡バイパス店」の項目から料金表消えてた。
これはあれか、もしかして前の記事で書いちゃったからなのかな・・・違うよねたぶん。偶然だよね。
こんなどうでもいい人間のどうでもいいブログとか見てないよね・・・。

カラオケ?こないだ別の店行ったから別に。
フリータイムで入ってたんだけど用事できて急に清算することになったら
店員「30分料金でいいですよー、あとこれ30%オフ券です^^」

何だこの店員、聖人か。

スマホ会員登録の時も手間取ったんだけど、嫌な顔せず待っててくれるの。
申し訳ないから今度なんか食べ物でも頼もうかな・・・。

あ、あと映画見てきた。1ヵ月半くらい前の話だけど。書く機会逃してた。

「さよなら、アドルフ」。
二次大戦末期、ナチスドイツ将校の家族が野を超え山を越え遠い親戚の家に逃げる話。そんだけ。

隣で見てたオバサンはボロッボロ泣いてたけど周りの人達は「え、これで終わり?なんだこれ・・・」って顔してたし個人的にも同じ気分だった。レビュー見ても、ほとんど「なんだこれ」って感想っぽい。

たぶん隣のオバサンって「子供達が迫害を受けたり、悪い事に手を染めたりする」事に関して非常に敏感なのかと。

ぬかるんだ草原を歩いて、廃墟で野宿して病気やシラミなんかに悩まされて生活してるのに何故か配給(?)はしっかり貰いに行くし、全員揃って顔色はフツーだし、一番疑問だったのは「常に服がキレイ」。

マンガで、「致死的ダメージのツッコミ」を入れられても次のコマには完全復活してる。ってのがあるけど、ホンットそんな感じ。具体的に歩いて何日かかったのかはわからないけど、なんだこの「小奇麗な逃避行」って思った。

途中から仲間になったトーマスが、「○○を売って配給品を余分に手に入れてきた」みたいな発言してたから一人脱落か、って思ったら次のシーンでフツーにいるし。え、じゃ何を売ったの?って思った。

序盤の母親が言い残した「誇りを忘れないで生きて」(若干うろ覚え)って伏線かと思ったけど、特にそんなこともなく。
冒頭に出てきた双子の遺伝についての論文も、自分自身で試したから双子が生まれたとか、実際は「手頃な双子の研究材料が欲しかったから」、双子の赤子を一般家庭から奪ってきて自分のものにしたとか、そんなダークな回想があるかと思ったらそうでもなく。

なんだろうな・・・もっともっと凄惨な展開を想像してたからなのか、イマイチだった。

たぶん、もう映画見ても感情移入とか出来なさそうな気がする。
あと消費税の関係か1100円になってたからもう映画館で見るのは・・・どーするかな。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

コウ

  • Author:コウ
  • 盛岡に住んでる人。
    基本的にめんどくさい事が嫌い。あと人ごみ。
    インドア派。パチ屋によく出没。
    ポジティブなコミュ障らしい。

    甘いもの超好き。
    年取ったら嫌いなものが多くなってきた。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2014 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。