FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

岩手県在住の人のブログ。

Enpty Spaces

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

それはコマとコマの間の出来事。

コクリコ坂を見ようと思ったらレイトショーでやってなくてショック。
来月までやってるかな・・・一人で見に行って馬鹿にされないかな、ボロボロ泣き崩れないかどうかちょっと不安。

あ、でもなんか最近は、以前よりは精神的にマシになったというか。
たぶん季節的にそういうものだったんじゃないかなと思います。あからさまな差別がなくなったのも影響あるのかな。

最近あった事といえば打ちに行って一喜一憂したり、ゲーム倉庫で漫画買い漁ったり、「カードコマンダー」で一喜一憂したり、アニメ見てます。

Tiger&Bunnyが終わってしまったけど、結局ロックバイソンは・・・。
虎徹が倒れた時に「楓がまた、元気玉みたいなの当てるんじゃね?」とか勝手に思ってた。

ブラックラグーンのOVAも見たけど、ロベルタがあんな感じになったらこの先どーすんだろ。原作にもうでてこないのかな。というか原作はいつ再開するんだろう。

えーっと後は映画見てきました。
「スーパー!」。珍しく邦画。
この平成の世の中にも「古きよき昭和の時代」の流れが残っている商店街の話。ぶっちゃけノリは「ウォーターボーイズ」とかあんな感じ。60~70年代のいわゆる「懐メロ」が頻繁に使われてる。

某有名大手企業の支部長だった主人公が、「部下の失敗は俺の失敗です、俺が責任を取ります」といって取引先に頭下げて会社を退職したものの「カッコつけたけど明日からどーしよ。家のローンまだあるし子供は『アメリカ留学したい!』とか言ってたしな・・・」と落ち込みつつ帰宅。
家族に退職を告げたら翌日に妻に「しばらく実家に帰ります」と書置きされ出て行かれ、職安行ったら「元○○?いやー40過ぎて再就職はちょっと・・・」と断られる状態。

しょうがないので十数年ぶりに帰省、地元の近所のスーパーで雇われ店長を始める話。

とはいっても何も知らないから高校生バイトに散々馬鹿にされ、「と、年上に対する態度がなってない!」と最悪の逆ギレ。
でもだんだん仕事覚えてきた所に町おこしイベント勃発。
吸収合併で名前が消えてしまう為、消える前に名を残そうと町内会総出。

元グラビア女優とか、元落語家とか、元漫画家とか、アマチュアバンドとか。そういうメンバーで町おこしの為に七転八倒しながら最後は大団円。でも正直、最後の「萌えなんとかの名物作ればいけるんじゃね?→ホントに大成功→ネット効果(明らかに2ちゃん)で全国的に有名になる→元の企業から再就職持ちかけられるも笑顔でお断り」の流れは強引過ぎて・・・。

・・・上記のは全部嘘です。

~あらすじ~
ダイナーのコックとして働くフランクはサラと結婚するが、気弱でうだつの上がらないフランクに幻滅したサラはドラックの元締めのジョックと浮気をする。絶望したフランクはテレビで見た子供たちを指導するヒーローに感化され、自前のコスチュームを着て「クリムゾンボルト」と名乗り、夜の町をパトロールして配管用のレンチでドラックの売人を叩きのめしていく。(wikiから抜粋)

今回のブログタイトルは映画の中にあったセリフから。
第一印象は「B級アクション映画だけど、とりあえず血飛沫いっぱい出したいんで、R15にしました。テヘッ☆」って映画なのかなと思った。

最初は「悪いやつは全員消えれば平和になるはず!」って事で、「悪い事をしている人間」を見境なく手加減無しでレンチで殴っていくけど、途中の相棒の出現で「いやそれはやりすぎだ・・・」と自分を見直す。

でも相棒はちょっと頭がアレな子なのでイマイチその辺が最後までわかってない。

最終的にサラを助けるんだけど、エピローグでサラは離れるし。ラスト30分で色々と考えさせられる。

一人の人間が、仮にすごい超能力を持っていたとしても犯罪者をこの世から全て消すなんてできないし、そもそも「犯罪」という認識がどこからどこまでという事になるし、一方的な暴力と正義の鉄槌は何が違うんだとか、そんな感じで最後もジョックに論破されかかって、自分で何が「正義」なのかわからなくなって、「シャラップ、クライム!」とゴリ押しで殺してたような気が・・・。

「着ぐるみヒーローで、犯罪者を退治する」ってところではTiger&Bunnyやマーヴェルのヒーローと同じなんだけどなー。
中身が中年の冴えないオッサン、超能力なし、身体能力も人並み、口下手、被害妄想がひどい、神に泣きついて都合のいい幻聴が聞こえる・思い込みが激しいってだけでこうも違うものなのか。

ここまで書いてみたけど見た人のブログとか検索してみたらそんな深い映画じゃないらしいです。
もっとこう、「フランクwwwお前それ殴りすぎwww」って爆笑しながら見る映画のようです。
おかしいな・・・ラストの「フランク宛の手紙が壁一面に張ってあるシーン」で「フランクよく頑張ったよ!一人ぼっちじゃないよ!」って泣きそうになって、スタッフロールの間ずっと泣きそうになるのをこらえていたのは自分ひとりなのかな。

・・・B級のホラー映画とかアクション映画見てもラスト5分で感情移入して泣き崩れそうな気がする。





  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

コウ

  • Author:コウ
  • 盛岡に住んでる人。
    基本的にめんどくさい事が嫌い。あと人ごみ。
    インドア派。パチ屋によく出没。
    ポジティブなコミュ障らしい。

    甘いもの超好き。
    年取ったら嫌いなものが多くなってきた。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。