FC2ブログ
  • 2018_11
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_01

岩手県在住の人のブログ。

Enpty Spaces

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

○○主演!はあてにならない。

早起きしたけどPCのデータ整理と漫画読んでたら一日が終わってしまった。

こないだ見た映画の感想。ダークシャドウ。

今回(ジョニーデップだからなのか)人多かった。人が多い事はいいんだ・・・。
映画館に客が入らなくて潰れてしまってるのが今の現状なんだから。映画館(娯楽)が賑わってる事は町の活性化にも繋がるだろうし。

近くの大学生の雑談うぜぇぇぇ。

ハハッ、お前ら別の部屋でやってる「テルマエ・ロマエ」見に行けよばーかばーか。
予告上映中まで会話してんじゃねーよ。映画泥棒の動きに噴出してんじゃねーよ。

・・・気を取り直して。
以前映画館で見た予告では「200年前に封印されたはずの吸血鬼が復活!しかし、自分の一族は没落していた・・・!」とかいってたから。

現代に蘇ったものの自分の一族が没落している事に気づいた吸血鬼が魔力で「メジャーリーグ」とか「ビバリーヒルズコップ」みたいなあんな感じでコメディ風に万時解決。そのうち国を代表する超有名企業に発展。

時々記者会見を受けるも、吸血鬼のプライドから「愚民風情が・・・!」とか言っちゃう。
でも「天才はやっぱ頭がアレなんでしょうな。天才だから仕方ないですが」とか「自称吸血鬼(笑)のやり手社長」な感じに評価される。

アメリカ映画だから作品の中で「スリラー」のPV流れて、吸血鬼が「死体を蘇らせて踊らせるのか?ほほー。若い頃はよく友人達とやったもんだが、やはり流行は繰り返すものだな。しかしまだ腕がまだ未熟!」とか言いつつすっかりマイコーにハマる。

ラストはマイコーみたいにスーツ+グラサンでキメキメ(死語)の格好して企業CEOとしてオリンピックの式典に参加。ムーンウォークを決めつつ壇上に向かう。このままハッピーエンドになると思いきや。

現代の生活になじみ過ぎたせいか吸血鬼って事をすっかり忘れて、聖火をモロに見て「やっべそういえば俺・・・吸血鬼・・・だった・・・ポゥ!」って死亡。
CEOが式典中に逝去って事で株式市場は大荒れ、株価暴落。
でもまぁ、余裕で生活できるレベルなので「まだまだこれから!」とガッツポーズ。
主人公の口からは吸血鬼の牙がキラリと光ったのであった。おしまい。

こんなんだと思ってた。

ネタバレ有の登場人物紹介。

ヴィクトリア・・・本編の主人公(らしい)。キャロインの住み込み家庭教師としてコリンズ家に雇用される。屋敷に住む幽霊を見かけるも、幽霊が結局何を伝えたいのかわからないまま生活する。
後半まで「よそから来たノーマルな人間」で描かれるけど、実は小さい頃から幽霊と遊んだり壁に話しかけたりするサイコパス。両親に精神病院に閉じ込められるも嵐の夜に脱獄。路上生活をしている時に求人広告を見て、「幽霊の推薦で」家庭教師をやる事に。ヴィクトリア・ウィンターズは移動中に考えた偽名。

清楚と見せかけて、「人間」の登場キャラの中では一番ヤバイ気がする。

バーナバス・・・200年前にリバプールからアメリカに移住。無名のさびれた海岸を家族で開拓、「コリンズポート」という港町に発展させ、地方の豪族となる。200年後にもまた(屋敷の隠し財産を使用したとはいえ)落ちぶれていた会社を立て直す。
200年前、雇用していたメイド(アンジェ)に手を出す。メイドは惚れていたものの「遊べる女が欲しかった、本気じゃない。つーか俺婚約者いるし」って事で捨てて別の女と結婚。

ブチ切れたアンジェが「魔女だから本気出すわ」って呪いのフルコース発動。

結果、両親と婚約者は死亡、自分は呪いで吸血鬼に。
村人達に処刑・埋葬されるも、現代に復活。突き詰めればメイドに手を出したコイツが全部悪い。
特技は催眠術。催眠術でアンジェの所の優秀な船長を何人か引き抜く。
200年前に死んだ婚約者にそっくりなヴィクトリアに惚れている。セリフが古風。

アンジェ・・・200年前、バーナバスに弄ばれたあげく捨てられたメイド。実は魔女。エロい。
振られた腹いせにバーナバスの両親を(魔法で)殺害、婚約者を(呪いで)飛び降り自殺に追い込み、バーナバスを呪いで吸血鬼にする。
「バーナバスは吸血鬼だ」と村人を扇動し、バーナバスを処刑。その後、別の水産会社を設立。コリンズ家に対し、生かさず殺さず百年以上圧力をかける。大手水産会社の女社長(姿を変えて百年以上ずっと歴任)
圧力をかけていたのはバーナバスに対しての愛情の為、らしい。
・・・バーナバスが復活しなかったらどうなってたんだろ?

エリザベス・・・コリンズ家の現・当主。熟女補正でエロい。
キャロイン…エリザベスの娘。ニューヨークに憧れるDQN女。後半、まさかのバトル展開に参加するも瞬殺される。
ウィリー・・・コリンズ家の使用人。訛りがきつくサボり気味なオッサン。
ジョンソン・・・痴呆症の住み込み老婆。存在が空気。
ジュリア・・・コリンズ家に雇われてる精神科の女医。アル中。熟女+女医補正でエロい。
ロジャー・・・プロニート。
デヴィッド・・・ロジャーの息子。母が幼い頃に他界。その後「お母さんが見える・声が聞こえる」とか言い出した頭がアレな子。その為ジュリアがカウンセリングで雇われる。
しかし実際に母親の幽霊は存在していて、対アンジェ用の切り札に。
アリス・クーパー→アメリカ在住のミュージシャン。詳細はwiki参照。

見どころ。
えーっと・・・何かあったかなぁ。
冷静になって思い出してみたけど、えぇー・・・?
湖畔に集まってるヒッピーが何言っても「素敵ね、クールね」って言うか意味深に頷くしかしなかったを見て「ヒッピーってやっぱこんな感じなのか」って思ったのと、アリス・クーパーってアレ本人だったのかなぁ。

中盤をコメディ風にするとこんな感じ。

バーナバス「・・・ヤバイすることない。」
バーナバス「ヴィクトリアの姿見えないし・・・アンジェに会いに行こうかな。特に用事もないけど仕方なくなんとなく。アイツあの性格だし超強気で自分勝手だし友達いなさそうだし」
アンジェ「ヤッホー!遊びに来たわよー!相変わらず無駄に広く古臭い家!実用性のない装飾品ばかり!そして現当主は・・・あらやだいたのオ・バ・サ・ン」
エリザベス「うぜぇから帰れよ。バーナバス?頭の弱いご友人がお見えになられたわよー?」
バーナバス「全く、汚らしい売春婦が!とっとと悪魔に魂を売り渡してその身を地獄に焼かれよ!この淫売が!」
アンジェ「何で会うたび呪いの言葉を言われるのかしら?根に持つ男ってタイプじゃないわー。もっと素直になりなさい?私は200年もこんなに愛しているのに。このベッドで一途なメイドの心と体を弄んだのは誰だっけかなー?このテーブルの上に純情なメイドを押し倒し、愛を囁いたのは誰だっけかなー?」
バーナバス「ぐぬぬ」

ヴィクトリア「序盤では主人公枠だと思ったのに、さっぱり出番ないんだけど・・・」
キャロイン「コイツに全く勉強教えられてないんだけど・・・レコードかけていい?」
ウィリー・ジュリア「仕事サボって昼から飲む酒は最高!」

・・・いやホンット内容が思い出せないけど大体あってると思う。
時代設定が70年代なのは、70年代にやってた海外ドラマ版を映画にリメイクしたからだとか。

やっぱ「テルマエ・ロマエ」見に行くべきだったかなー。そのうちロードショーでやるからいいか。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

コウ

  • Author:コウ
  • 盛岡に住んでる人。
    基本的にめんどくさい事が嫌い。あと人ごみ。
    インドア派。パチ屋によく出没。
    ポジティブなコミュ障らしい。

    甘いもの超好き。
    年取ったら嫌いなものが多くなってきた。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。