FC2ブログ
  • 2018_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_10

岩手県在住の人のブログ。

Enpty Spaces

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

映画館ハシゴって実際見てるだけなのに結構体力使う

映画館をハシゴするってなんか「大人の嗜み」って感じじゃね?
時間が余ってる時はタバコの煙浴びて打ってるよりよっぽど有意義で健康的じゃないかな?って思い映画館ハシゴ。

映画といえば
問:休日って何してるんですか?
答:映画館に行って映画を見てます^^

イケメンの場合:きゃーステキ!どんな映画見るんですかっ?ていうか一緒に見たいです☆
ブサメンの場合:プリキュア()とかだろキモいんだよ、とっとと職質されて難癖つけられてぶち込まれろ社会のゴミ

ちなみにこないだ「どんな映画見るんですか?」って聞かれて「えっと、主に洋画なんだk「邦画の方が絶対絶対!面白いんで☆」って被せられた。あぁ、発言権無しっすか。

・・・。
そんな思い出は別にいいや。
今回朝イチだからだったのか、席指定じゃなくて自由席だった。

一昔前、昭和の時代だったら入れ替え制じゃなく常に完全自由席だから朝イチで入って、1回の料金で同じ映画を何回も見たり違う映画を1回の料金で見られたんだよな・・・。(正確には違法だけど)

あと10年か15年早く生まれていたらゴジラとか釣りバカとか見まくってたかもしれない。

今日見た映画。
・テッド
クリスマスに貰った「人形」が子供にとって大事な大事な友人で、寝る時もご飯食べる時も一緒・・・ってのは現実的にもよくある話だけど、その人形が喋って動き出して、さらには27年も一緒にいたらどうなるのか、って話。

何か口コミとかで人気らしく、結構人いた。

中身オッサンのテディベアとは知ってたけど、冒頭からマリファナっぽいの吸ってて驚いた。
テッドは本当に口が悪い。基本的に下ネタか暴言しか言わない。R15ってエロ・グロの他に「教育上よくない表現」があった場合もなのかな?とか思って見てた。ホンットくだらない、ダメダメな流れ・・・と思わせといて中盤で入るマジ喧嘩でちょっとホロリと来た。

ラスト、朝方にジョンが胸のボタン連打して蘇るのかなぁって思ってみてたらそんな安っぽい展開じゃなかった。

「小さい頃に見た、テレビの中のスーパーヒーロー」がマリファナ漬けになってるってどーなんだ。あんまりショック受けてなく、「あのヒーローと一緒にキメられるなんて!」って驚いてたけど。アメリカ的にはオッケーなのか・・・?

字幕の人すごい頑張ってそうだったけど「誰かが星一徹にならなきゃいけないんだ」は意訳しすぎだと思った。

昼休憩挟んで、次に見た映画。

・砂漠でサーモンフィッシング
あらすじ。
自称ミュージシャン、朝の占いを見て一喜一憂するのが日課のヒキニートのケイタとその彼女の公務員のアケミ。いつまでも夢(笑)を捨てきれないケイタにアケミはある事を思いつき、友人達に頼み込む。
それは占い好きのケイタを「占いどおりに物事が進む」という風に思い込ませ、定職につかせようとする事だった。
早速友人のレイコを「霊能力者で占いは百発百中」の占い師に仕立て上げ、(台本通りだから百発百中の)レイコの占いでケイタを信用させ、徐々にポジティブにさせていく。
ところがある日ケイタに「夢占いってできる?砂漠で鮭を釣る夢を見たんだけど」と言われ・・・。
地方の片田舎の、ちょっとシャイな気質な人達のハートフルコメディ。

・・・。
久々の嘘あらすじ。

本当のあらすじはこっち。(コピペしてちょっと改変)
英国の水産学者のジョーンズ博士は、ある日、イエメンの大富豪シャイフの会社から、「イエメンに鮭を泳がせて釣りをしたい」という、とんでもないプロジェクトの顧問を依頼される。この荒唐無稽な計画にあきれた彼は、代理人の女性、ハリエットに断りのメールを入れる。だが翌日、上司からこの企画を進めるように命じられ、給料を倍にするかクビか、という条件を提示され引き受ける事に・・・。

原題だとSalmon Fishing in the Yemen。イエメン、中東の「砂漠」の国。
序盤の、どんなに提案しても「だーかーらー!お前ら頭おかしいんじゃね?」って態度のジョーンズが面白かった。
それと英国風(?)ジョークの掛け合い。政治家ってあんまり深く物事考えないんだな、って思った。
シャイフすげーカッコいい。発言がロマンチックというか哲学的というか。
ただ個人的には「毎回毎回ローブ(アラビア風の民族衣装)着たままズカズカと川に入るけど、何で着替えないんだろ」って不安になった。一族のこだわりなのかな。

あとネタバレになるけどロバートの視点から物事見るとなんかもうやるせなくなった。

中東に戦争行って、なんか特例でヘリ用意されて恋人と再会して、恋人が今仕事中だっていうから「終わったら一緒に帰ろうね」って約束した翌朝に全然知らん男から「俺もハリエット愛してるから」ってマジ顔で言われて、「お、おぅ・・・」って空返事してたら鉄砲水に飲まれて、数時間後にはハリエットは違う男に夢中になってたんで、空気読んで一人で英国帰りますよ帰ればいいんだろチクショウ泣いてねーよバーカバーカ。

こんなん。

モスクへの誤爆(?)による英国-中東の関係の悪化とか宗教的・哲学的な発言もあって割とマジメな映画・・・のはずがダメ首相と、暴走する首相秘書と、ダメ上司がいるからコメディタッチの映画。

「洋画」ってよりは「邦画」に近い印象があった。邦画あんまりわかんないけど。
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

コウ

  • Author:コウ
  • 盛岡に住んでる人。
    基本的にめんどくさい事が嫌い。あと人ごみ。
    インドア派。パチ屋によく出没。
    ポジティブなコミュ障らしい。

    甘いもの超好き。
    年取ったら嫌いなものが多くなってきた。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

« 2018 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。